人間はみんな一人一人違っている。
生まれてきた環境も違うし、考え方も、価値観も違う。
そして、人生の初期におけるスタートラインも一人一人違っている。

自分を十分認めてほしい、愛してほしいという子供時代の本能的な欲求がとっくに満たされている人もいれば、いまだに満たされず大人になってからもそれをいろいろと歪んだかたちで他人に求め続けている人もいる。
自分のありのままに感じ、行動し、表現することが当たり前で何の抵抗もない人もいるし、他人との関係の中でしか自分の価値を確認できない人もいる。

そしておれはといえば、少なくとも自分が自分でいることが当たり前というスタートラインから生きてきた人間ではない。
いままでのおれは、自分が本当は何が好きなのか嫌いなのかさえわからなかった。
おれがいままでやってきたことは相手が好きなことを必死で好きになろうとしてきたことであり、相手が嫌いなものを一生懸命嫌いになろうとしてきたことばかりではなかっただろうか。
そうやって他人に嫌われないために、他人に合わせようとあらゆる努力を意識的・無意識的に繰り返していくうちにおれは絶えず自分の感情を抑圧し、自分の感覚を麻痺させ、ついには自分自身をなくしていった。自分が壊れていった。
それはまるでいつも周りの様子を伺い、他人に合わせて機械的に反応するだけのロボットだった。

そしておれは子供時代を生き延びていくためにおれ自身が選んだそんな自分からいつも抜け出そうともがいて、もがいて、もがき続けた。
しかしもがけばもがくほどなおさら深く暗い蟻地獄の中へ落ち込んでいく毎日だった。
それは未来永劫いつ果てることなく続いていくのだろうと思われた。
その絶望の中でおれはついには自分の人生を、自分をあきらめた。
あとはただ自分が消えてなくなることだけが唯一の望みとなってしまった。

数えきれない屈辱感と敗北感が横たわっていた、いままでの人生。
孤独感と、焦燥感と、憎しみと、虚無に支配されていた、自分の人生。

でも不思議なことに今、そんないままでの人生が今の自分をささえてくれていることに気づく瞬間がある。
おれはいままで自分自身になれなかったからこそ今の自分が自分であることの、魂の震えるような喜びや感動を味わっていることに。
世界にたった一人の自分という人間としてこの世に生まれ自分自身の感じ方や自分自身の考え方を持てるということの、かけがえのない素晴らしさに。
ただ自分としてこの世に存在しているということの、たとえようのない奇跡に。
きっとおれのいままでの人生は、自分が自分自身になっていくためのものだったのだろう。

そしていままでの人生は、過去は、今この瞬間のためにあるということも。
さらにそんな過去の一つ一つが今この瞬間の深みを増し、ただのマイナスと思っていた過去が自分の中で輝けるマイナスといえるものに変わっていることに。