おれは相変わらず父と同じ一つの家の中で一切顔を合わせない、別々の生活を続けていた。
その頃家の外でもう一つの問題があった。

母が亡くなったその年も秋に差し掛かる頃だった。
いままでは単なる知り合いに過ぎなかった人間とのつき合いが多くなった。
夜になる度におれは頻繁に出掛けるようになっていった。

いつも夜の街でおもしろおかしく過ごようになった。
おれはこれからの自分の人生についてまともに考えることもしなかった。
自分に向き合うこともせず、現実から目をそらし続けた。

飲んで騒いでいる間は辛い過去も、孤独な生活もすべて忘れられる気がした。
もう辛いことはすべて終わり、人生は楽しいものだとおれは懸命に思い込もうとしていた。
でも本当は寂しかっただけだった。
束の間のどんちゃん騒ぎで気を紛らわせていただけだったのだ。

本当は寂しくて寂しくていられなかった。
おもしろおかしい場所にずっといたかった。
誰かに必死ですがりつきたくて仕方がなかっただけだった。

母ももう家にはいなかった。
憎むべき父が一緒にいると思うだけで気が滅入る家にはいたくもなかった。
自分の部屋には帰りたくなかった。
一人きりになると決まって死にたくなるからだった。

おれはその頃、自分一人では心の中にぽっかりとできた孤独の深い穴を埋めることができなかった。
しかし今振り返ると不幸なことにその頃のおれの周りには、ありのままのおれを受け入れてくれる人間がいなかった。
利害もなしに相談に乗ってくれる人間も、対等でお互いを認め合えるような人間も誰一人いなかった。
上辺だけのつき合いの人間しかいなかった。
それなのにおれはそんな人間たちを唯一おれを理解してくれている本当の友人だと思い込んでいた。

その一人からある夜遅く電話がかかってきたことがあった。
今自分の友達と一緒だけど、これから飲みに出てこないかと言ってきた。
かなり遅い時間だったが、おれは即座に行くと答えた。
そして急いでよそゆきの服に着替えるため電話を切ろうとした。
その瞬間、彼が他の人間たちに話している声が聞こえた。
「こいつは誘うとすぐ来る。数合わせにちょうどいい」

おれはそういう人間でも本当の友人だと思い込んでいた。
そして今では全く信じられないことだが、すぐにそんなはずはない、彼はおれが孤独でいるのをわざわざ誘ってくれたのだと、自分で自分を納得させていた。

繁華街に着くと、彼のこれから入ろうとしている店に連れていかれた。
ちょうどおれが一人入ったことで人数が揃い料金が安くなった。
その事実にもおれは目をそむけたままだった。

彼はアパレル業界の、服を卸す会社で働いていた。
ある時彼がジャケットを買わないかと言ってきた。
値段はいくらなのか聞いた。
本当はジャケットはすでに何着も持っていて買わなくてよかった。
しかしその時おれは断れなかった。
嫌われるのがこわかったからだ。

展示会に行くとたくさんのジャケットが並んで吊るしてあった。
それにも関わらず彼はおれのためにと一着のジャケットを出してきた。
値段を聞いた。
最初彼が持ちかけてきた値段は3万円くらいだったが、その倍になっていた。

頭の中では話が違うと思った。
抗議したいと思った。
しかしおれは彼に大袈裟に感謝していた。
気がつくとにこにこしてお金を払っていた。
すると彼はさらにもっと値段の高いスーツの上下まで売りつけようとしてきた。
さすがにそれは断った。

その頃おれが友人と信じて疑わなかった人間というのは、こういう人間たちだったのだ。