それからおれは再び一人きりになった。

もう夜出掛けることも、人とのつき合いも一切やめてしまった。
仕事が終わると、毎日また自分の部屋にこもりきりになった。

すべてが振り出しに戻った気がした。
母が亡くなってから自分は一体何をしてきたのだろう。
得たものなど何もなかった。

相変わらず母が亡くなったことに対する罪悪感で自分を激しく責め、父を執拗に憎み続けていた。
そんな中、他人に対する決して報われることのない努力にエネルギーを使い果たしてしまった。
挙げ句の果てに見下され、つけ込まれ、もうおれは生きることすべてに消耗してしまった。

自分にとってもはや生きることは徒労にすぎなかった。
あらゆる面でおれはすっかり行き詰まってしまっていた。
まさかこんなかたちで自分の人生が行き詰まるとは、昔は思いもしなかった。

幼い頃おれは、人間は誰もがずっと幸せな人生を歩んでいくのだと信じていた。
自分の人生はずっと順調に進んでいくのだとばかり思っていた。
父も、母も、兄も家族はいつまでも仲良く幸せに暮らし、みんながずっと健康で長生きしていくのだと思っていた。
友達や周りの人たちに恵まれ、自分もいつかは新しいあたたかい家庭を作るのだと思っていた。
自分もやりたいことを存分にして生きていくのだと思っていた。

でも、そうではなかった。
いつしか運命の歯車が狂い出した。
あんなに明るく、愛情に満ちて健康だった母が亡くなり、気がつくと、残ったおれも、父も、兄も家族みんなそれぞれがばらばらで一人一人になっていた。
自分が友達だと思っていた人間たちにはつけ込まれ、利用された。

おれにはもう自分の人生のことなど何も考えられなくなっていた。
生きる意味もへったくれもなかった。
人間なんて。
自分なんて。

おれは人生に絶望していた。
人間に、自分自身に絶望していた。
その頃おれは、運命というものを何度呪ったことだろう。

もうおれはその頃のすべてから抜け出したかった。
すべてが嫌になってしまった。
うちでの異常な生活も。
自分の周りのくだらない人間関係も。
自分の心の中で起こっていたことも。
何もかも。

このままでは何も変わらなかった。
でももう変わらなければ、とても前を見て自分の人生を生きていくことは不可能だった。
ただおれには決して死ねない理由だけがあった。
だとしたら、おれはもう自分の人生を変えるしかなかった。
人生を変えることにしか、自分のこれから生きていく道は残されていなかった。
でもその頃のおれには一体どうしたらいいのかわからなかった。
そしてまた時間だけが空しく過ぎていった。

そんな時のことだった。
母が亡くなってから1年半がたっていた。
ある日突然、その考えが浮かんだ。
それは今までの自分にとって想像もしなかった答えだった。
それはすべてにおいて行き詰まり、もう死ぬことも、生きることもできなくなっていた自分がやっとつかんだ、たった一つの出口だった。

その答えに辿り着いた瞬間、自分の中で何かが震える気がした。
そして自分の中でその時何かが動き出すのを、おれははっきりと感じていた。

20代の頃東京にいたこともある自分も、振り返ると故郷に帰ってきてから20年近くになろうしていた。
父も若い頃一度故郷を離れたことがあっただけで、あとはここで50年以上暮らしていた。
しかしもうここまで行き詰まってしまったら、この故郷を離れて、新しい土地でお互いに新しく人生をやり直すしかないのではないかと、その日おれは思ったのだ。

もう故郷を捨てて、それまでのすべてを捨てて、新しい土地で自分の人生を白紙からやるしかないと、おれは思った。
それはそれまでの住む所も、会社も、仕事も、地元の人間関係もすべて捨てることを意味していた。
それしかもう状況を突破できないと、あの日おれは強く思った。

それはいきなり閃きとしてやってきた。
それは今までのおれが一度も思ったこともない考えだった。

今振り返ると、それは何かの導きだったような気がする。