今日は、母の命日だった。

母は故郷の病院のベッドの上で亡くなった。
あれから今日でちょうど6年が経つ。

時間というものは、とても不思議だ。
6年という歳月は今振り返ると、とても長かった気もするし、あっという間に過ぎていったようにも思える。

母の墓は、故郷の街を一望できる高台にある。
小高い山の中腹にある、広々とした墓地に母は眠っている。
そこは、街を端から端まで見渡すことのできるほどの眺めのいい、穏やかでとても気持ちのいい場所だ。

そこは、桜の名所になっていて、春になると満開の桜で辺りの風景は一面白一色となる。
夏には、きらめく陽の光の中、林に囲まれたそこには爽やかで涼しい風が吹き渡る。
秋には、山全体が真っ赤な紅葉に鮮やかに包まれる。
そして冬には、どこまでも真っ白な雪景色が広がった。

今頃は、その山も頂上から麓までが、すっかり白く美しい雪化粧に変わっていることだろう。

おれにとって自分の人生を語る上で、母の存在は欠かせない。
おれと母は、深い深い運命で結ばれていた。

ちゅうど6年前の夜、おれは亡くなったばかりの母の手を、両手でずっと握りしめていた。
その時の母の顔を、おれは決して忘れることはないだろう。
母の顔は、いつでもとても穏やかでやさしかった。

おれは母にずっと愛されてきたこと、そのあたたかな愛に包まれていた日々を思い出した。
母は、いつもおれを見ていてくれた。
ありのままのおれを愛してくれた。

母と一緒にいた時は、どんな時も心が安らいだ。
毎日が喜びに包まれていた。

そしてふと気づくと、おれは母と自分との悲しい運命を思い出していた。

去年、おれは母の墓参りのため故郷に帰った。
久し振りの母の墓の前で、涙が止まらなかった。

おれはきっとこれからもまた、母に会いに故郷に行くだろう。
その度に大きな自分になっていたい。
その度におれは、自分を産んで育ててくれた母に、成長した自分の姿を見せたい。
心からそう思った。

それこそが、自分なりの母への恩返しだと思っている。
母が望んでいることは、家族一人一人が救われることであり、幸せになることだ。
母を大切に思うということは、きっとそういう母の気持ちを大切にすることなのだろう。

信州は今頃、雪だろうか。
母の眠る小高い山にも、雪が降っているだろうか。

白い雪は舞い降り、果てもなく降り続き、しんしんと静かに一面に降り積もって、いつかこの運命を、その中にそっとうずめてくれるだろうか。

おれは今日一人、心の中で母に伝えた言葉があった。
それがどんな物語であったとしても、おれはあなたと出会えて心から幸せだった、と。