アダルトチルドレンという言葉を知った時、まさしくそれは、自分のことだと思った。

アダルトチルドレンとは、もともとはアメリカでアルコール依存症の親を持つ子供たち(ACOA)が大人になった時の生きづらさを表す言葉だった。

しかし、現在では、特に日本では、もっと広い意味で、子供が幼い頃安心して子供らしさを出せない家庭(機能不全の家庭)に育った子供たちのことを指している。

子供が子供らしさを安心して出せない家庭としては、親がアルコール依存症の場合だけではなく、親から肉体的あるいは心理的な虐待を受けたり、見捨てられたり、両親の中が悪かったり、家庭内に不和があったりなど、いろいろなものがある。

いずれにしても、子供が安心して子供らしさを出せないのは同じだ。

そして、自分の育った家庭もまた、そういう家庭だった。